敷台・外壁仕上げ
床板の下に木炭敷込み
床板張り







  


 □赤枠の付いた画像はクリックで拡大して見れます!

 

敷台(玄関や土間・勝手口)等を積み込んでいます!






この丸太は、リビング(居間)&和室(客間)の胴差鴨居です!
(この鴨居は特殊的に考えています。完成してのお楽しみです!)




家を建てた後に、アイディアが浮かんで、施工してゆくので、
棟梁には申し訳ないと思っています。。。

ゴメンナサイ。。。


 

樹齢約300年生の丸太胴差鴨居!
本当に重かったです。。。





次は、土間・リビングの敷台で、
これも重くて持っての搬入は出来ないので、
人力で引っ張って、家に引き込んでいるところ・・・。
























棟梁の匠の技スゴサは、
ご覧の様にピッタリ納まったところです!

1度も現場で手を加えていません!


この家の土間の姿に似合った一品です!



 

玄関の鴨居も一緒に取合いました。
樹齢約100年生のやゝ曲り材を造かしています。
明るさ&暗さ、線&面、黒&白(色調)等々、
どういう風に造り上げてゆこうかと、思考しているところ・・・・・です!

外壁仕上げ

 



外壁に土壁コートをコテ仕上げする為に、
養生テープを張って回っているところです。





今回は、床下に、ご覧の様に、全体に木炭を敷詰めてゆきます。
壁にも全体に敷込みます。



今一度内部をご覧ください!
月日が増すごとに、色&ツヤが増してきていますよ!




リビングへ入って見上げた姿です。





リビングより寝転んで撮った姿です!
(和室の方を見ています)




リビング入口の柱!



西口の3階ロフトより撮ったところです





丸太が徐々に個性(輝き)を出しているのもありますよ。






家には明るさがあって、暗さがあります。
冷たさがあって、また暖かさです。

朝・昼・夜の姿四季によって、姿を変える家造りこそ、
お客様の望むところではないでしょうか?


外壁も仕上がって、外部足場を除去します!



南方面。
基礎部分には、イメージを考慮しながら、自然ストーンを張ります!




北面の姿です!
全体的に、通気と明るさを取り込む為に、FIX&窓を多用しています。




東面!
丸太(柱)壁の白に個性を出しているので、
家の姿が引き立つかと思います。

 床板の下に木炭敷込み

 

床板の下に、ご覧の様に、特殊袋に積め込んだ炭を敷込んでいます!

※ご希望の方は、ご連絡頂ければ、
ご注文を受付させて頂きます!



 床板張り





この部屋は子供部屋で、
床材は“ナラ”の@15mm厚み無塗装です!


木工事 勝手口の踏台板・土間・・・へ   表紙へ   木工事 内部・基礎の外壁に自然石へ