基礎工事



  

□赤枠の付いた画像はクリックで拡大表示可能です!

 




基礎工事が始まりました!
今日は今までと少し違った工法で、基礎工事を施工しました。



この状態から、鉄筋や型枠の組立が始まります。



外回りの型枠を先に建てて
それから鉄筋を組み上げていきました。


土間には湿気を防ぐビニールを敷き込み、
主要部分には土間筋ダブル組んでおります。


壁筋は、H=2,400あるので、
当然ダブル配筋です。




開口補強筋も、矢印の様に入っております。



開口部の上下 H=1,800 以上は、
鉄筋を梁型に組んでおります。
これは基礎工事というより、
壁式構造のRC(鉄筋コンクリート)構造工法と
同じ方法
で、施工しています。


給排水設備工事諌山さんと、
配管についての打合せ中です。


打合せが終了して、
諌山設備さんが水回りの配管を施工しています。


独立基礎全体にベースを打設してから施工します。


隣の家と高さを比較してみてください!


あとは、内側の型枠を組んで、コンクリートの打設となります。
完成は木工事の建て方を参考にして下さい。


地鎮祭へ   表紙へ   切込加工へ